高田眼科では眼瞼下垂・老視治療からオルソケラトロジー、先進医療・自由診療での多焦点眼内レンズによる白内障手術まで幅広く対応しています

ドライアイ

角膜感染症

角膜感染症

細菌やカビ(真菌)、アカントアメーバ、ウィルスなどの病原体が角膜に感染し、炎症を起こす病気です。通常、角膜の表面は簡単には微生物が侵入できないように角膜上皮で覆われています。しかし、何らかの原因で角膜上皮に傷ができてしまうと、微生物が付着して繁殖しやすくなります。

※最近ではコンタクトレンズの不適切な取り扱いによる角膜感染症が増加しています。

症状
目の痛み、異物感、充血、流涙、まぶたの腫れなど。
角膜が白く濁り、視力が低下することもあります。

治療
菌の種類により、抗菌薬や抗真菌薬、抗ウィルス薬などを投与します。軽いものであれば点眼により比較的短期間のうちに治りますが、点滴など全身的な治療が必要となる場合もあります。

PAGE TOP

その他の病気

PAGE TOP