高田眼科では眼瞼下垂・老視治療からオルソケラトロジー、先進医療・自由診療での多焦点眼内レンズによる白内障手術まで幅広く対応しています

黄斑前膜

黄斑とは?

網膜の中心部の名称で、黄斑は視力を決める一番大切なところです。この黄斑部に様々な病気が生じると視力低下の原因となります。

通常の眼底検査の他、蛍光眼底造影検査などの検査方法がありますが、特にOCT(光干渉断層計)が有用です。

黄斑の病気には、加齢黄斑変性症等の治りにくい病気も多いですが、黄斑円孔黄斑前膜のように手術で治せる病気もあります。

黄斑とは?

黄斑部の中心を中心窩といい、くぼんだ形が正常の形です。

PAGE TOP

黄斑前膜

黄斑前膜の眼底写真

黄斑が膜でおおわれ、ゆがみができ、視力が低下する病気です。網膜の中心部に膜が張ると、黄斑にしわが寄り、そのため物を見ようとするとゆがんだり、見えにくくなったりします。

黄斑前膜の約9割は加齢による後部硝子体膜剥離の後に起きるタイプです。その他、外傷、ぶどう膜炎(眼内に炎症がおこる病気)、網膜裂孔、網膜剥離の手術後などでも2次的に黄斑前膜ができる場合があります。治療は硝子体手術を行い前膜を剥がします。視力はゆっくりと回復していきます。

黄斑前膜 手術前/手術後

後部硝子体剥離とは?

硝子体が加齢等の原因により収縮し、密着していた網膜から離れている状態です。
症状:代表的なものは生理的飛蚊症・光視症
治療:必要ありませんが、症状が進行し網膜裂孔、網膜円孔を引き起こすと治療が必要になります。

硝子体手術

PAGE TOP

その他の病気

PAGE TOP