高田眼科では眼瞼下垂・老視治療からオルソケラトロジー、先進医療・自由診療での多焦点眼内レンズによる白内障手術まで幅広く対応しています

老視治療

老視とは

老視のしくみ

加齢により調節力が減退し、近くが見えにくくなることです。誰もが経験する老化現象です。

※調節力
近くを見るときは水晶体を厚くして、遠くを見るときは水晶体を薄くして、うまくピント調整すること。

原因
年齢とともに水晶体の弾力が衰え、水晶体の厚みを自由に変えることが難しくなります。水晶体を厚くすることができないために、近くにピントが合わなくなり、見えにくくなります。

症状
眼精疲労や読書などの近見障害があります。早い人で30代後半、多くの方は40~45歳で老視の症状が始まり、年齢とともに少しずつ進行します。

対処法
近くを見るときにだけかける単焦点のメガネ(老眼鏡)や、遠くと近くで眼鏡をかけ外ししたり交換したりする不便さを解消した遠近両用眼鏡が一番簡単な治療方法です。メガネをかけたくない場合にはコンタクトレンズでの治療も可能です。

先進医療 多焦点眼内レンズ

自由診療 多焦点眼内レンズ

PAGE TOP

その他の病気

PAGE TOP