高田眼科では眼瞼下垂・老視治療からオルソケラトロジー、先進医療・自由診療での多焦点眼内レンズによる白内障手術まで幅広く対応しています

眼瞼下垂症

眼瞼下垂症とは?

眼瞼下垂症は、まぶた(眼瞼)が開きにくく、垂れ下がる(下垂する)病気です。原因には加齢、先天性、外傷、目の手術の合併症、ハードコンタクトレンズの長期装用などです。

症状

手術前と手術後の比較

下がったまぶたが瞳孔にかかると、上方の視野が欠けて見辛くなってしまいます。

まぶたを開くために眉毛を上げる筋肉を使ったり、顎を突き出して視野の下方で物を見るようになるので、額のシワが増えたり、肩こりや頭痛の原因にもなります。

眼瞼下垂症の治療

炭酸ガスレーザーを用いて手術を行います。

手術前と手術後の比較

※美容を目的とした眼瞼下垂症手術は受け付けておりません。

眼瞼手術

PAGE TOP

その他の病気

PAGE TOP