高田眼科では眼瞼下垂・老視治療からオルソケラトロジー、先進医療・自由診療での多焦点眼内レンズによる白内障手術まで幅広く対応しています

機器のご紹介

手術機器

クリーンルームクラス10000手術室 手術顕微鏡 OPMI Lumera 700

クリーンルームクラス10000手術室

クリーンルームでは、無菌状態で手術することが可能です。クラス10000とはアメリカ航空宇宙局(NASA)が定めた単位で、手術室内のクリーン度を表しており、数字は空気中に浮遊する塵垢や、細菌数を示しています。一般の手術室の基準はクラス10000で、数値が低いほど室内が清潔であることがわかります 。

手術顕微鏡 OPMI Lumera 700

眼科の手術のほとんどは顕微鏡を使って行われ、顕微鏡は術者の目とも言えます。SCI照明という最新鋭の機能により細部の視認性が格段に良くなり、安全性が大幅に高まりました。精密かつ効率的に手術を行うことができます。
センチュリオンビジョンシステム 広角眼底観察システムResight

センチュリオンビジョンシステム

白内障手術装置。白内障手術時の灌流・吸引、眼内レンズ挿入補助、硝子体切除に用いる手術装置です。
INTREPID® AutoSert® IOLインジェクターハンドピースを使用し白内障術後の眼内レンズの挿入を補助します。

ホワイトスターシグネチャー

白内障手術装置です。超音波チップの振動は従来の縦振動だけでなく、横振動を効率良く組み合わせるELLIPS FXテクノロジーにより、手術の効率を上げると同時に安全性を高め、難症例などへの対応を容易にします。
広角眼底観察システムResight アキュラス 800CS

広角眼底観察システムResight

網膜を観察するのに最適な手術顕微鏡のオプションです。安全性を第一に考えられた構造になっているため、より安全で効率の良い硝子体手術が可能となります。術後炎症の軽減や手術時間の短縮を図ります。

アキュラス 800CS

硝子体手術、白内障手術およびその両方の同時手術をより効率的に行える、眼科手術装置です。
炭酸ガスレーザー マルチスキャンカラーレーザー MC-500

炭酸ガスレーザー

主に眼瞼下垂の手術に使用される装置です。炭酸ガスレーザーを使用することにより止血と凝固をしながら組織を切開することができる為、出血が少なく手術を行うことができます。

マルチスキャンカラーレーザー MC-500

網膜にレーザーを照射することによって、病気の進行を抑制、治療します。糖尿病網膜症や網膜中心静脈閉塞症など、広範囲にレーザーを行う必要がある疾患に対して、従来よりはるかに痛みが軽減され、短時間・短期間に治療が行えるようになりました。
ヤグレーザー YC-1600  

ヤグレーザー YC-1600

ヤグレーザーは主に後発白内障の後嚢切開術に使用されています。後嚢の混濁による後発白内障では、水晶体の後嚢をレーザー光線で破って視力を回復させます。
 

PAGE TOP

検査機器

静的視野検査 Humphrey Field Analyzer3 シラスHD-OCT5000(光干渉断層計)

静的視野検査 Humphrey Field Analyzer3

一点を注視した状態での見える範囲に加え、中心部の感度が測定できます。疾患や程度に応じ設定を変更することで、 緑内障のなどによる視野異常のスクリーニングから精密な検査まで可能です。HD-OCT5000と連携させることで、さらに質の高い診療が可能になります。

シラスHD-OCT5000(光干渉断層計)

従来の機器に加え、瞬きや眼球の運動の影響を受けずに検査が可能となり、より高画質・高精度な結果を得ることが出来るようになりました。 視野計(HFA)と連携させることで、さらに質の高い診療が可能になります。
OPTOS(走査レーザー検眼鏡) 200-TX シラスHD-OCT(光干渉断層計)

OPTOS(走査レーザー検眼鏡) 200-TX

点眼薬で散瞳することなく、無散瞳でも200度の広角できれいな眼底写真を撮影することができます。網膜の80%以上の領域を撮影でき、観察が難しい網膜周辺部の病変もしっかり捉えます。

シラスHD-OCT4000(光干渉断層計)

網膜や視神経の断層像画像を撮影します。網膜の断面を拡大して撮影したり、網膜や神経線維の厚さを正確に測定することで、今まで発見が困難であった網膜の異常を早期発見することができます。
CASIA2(前眼部三次元画像解析装置) ウェーブフロントアナライザ KR-9000PW

CASIA2(前眼部三次元画像解析装置)

角膜の厚みと前後面の形状、水晶体までの断面像を撮影することが可能です。多焦点眼内レンズの適応診断や角膜疾患、緑内障等の疾患に使用します。厚生労働省の先進医療機器に認定されており、保険対象外の費用がかかります。

ウェーブフロントアナライザ KR-9000PW

角膜や水晶体のわずかな凹凸や歪みを波面として解析します。不正乱視の検出や視力値の予測などを行うことが可能です。多焦点眼内レンズの適応診断等に使用します。
スペキュラーマイクロスコープ EM-3000 角膜トポグラファー RT-7000

スペキュラーマイクロスコープ EM-4000

広い撮影範囲と自動解析機能を持つ、角膜内皮撮影装置です。角膜内皮は角膜の透明性を維持するために必要な組織ですが、加齢や外傷などで減少し再生することはありません。手術操作によっても減少するため、主に白内障手術前後の経過観察・比較に使用します。

角膜トポグラファー RT-7000

眼球表面の凹凸や歪みを解析します。白内障術前後、円錐角膜などの角膜形状異常や乱視が疑われる場合に必要な検査です。広範な部位の角膜形状が評価でき、細かく分析して治療に役立てています。
IOLマスター 眼軸長角膜厚測定装置(Aモード)AL-2000

IOLマスター

目の表面(角膜)から目の奥(網膜)までの長さを光干渉現象を用いて測定します。眼内レンズの度数を決定するのに必要な検査です。

眼軸長角膜厚測定装置(Aモード)AL-2000

目の表面(角膜)から目の奥(網膜)までの長さを計測します。目の表面に測定プローブが直接触れるので、麻酔の目薬を点眼します。非接触型のIOLマスターと接触型のAモードによって、より正確な眼内レンズの度数を決定します。
オート視野計(静的視野検査)AP-5000 ゴールドマン視野計(動的視野検査)L-1560

オート視野計(静的視野検査)AP-5000

一点を注視した状態で見える範囲を測定します。さまざまな疾患で検査を行いますが、特に緑内障の進行を判断するために重要な検査です。一定の範囲内での感度を精密に測定できるので、初期の視野変化の検出に有効です。

ゴールドマン視野計(動的視野検査)
L-1560

視野全体の変化を把握できるので、視野の欠損とともに実際の見え方が判ります。視野異常の有無、脳内病変や緑内障などの経過を継続的に診るために重要な検査です。
超音計測・診断システム(Bモード) UD-8000 網膜電図(ERG)LE-1000

超音計測・診断システム(Bモード) UD-8000

角膜混濁、白内障、硝子体混濁・出血などのために眼底を透見することができない場合に、超音波で眼球内の状態を調べます。最新機種となり、より広範囲で高解像度の画像を得られるようになりました。

網膜電図(ERG)LE-1000

網膜の働きを調べる検査です。コンタクトレンズ型の電極を角膜に装着し、そこから強い光を網膜に当て、その波形から網膜の異常を検出します。網膜色素変性症など網膜の異常を発見します。手術の適応(手術で視力が回復するかなど)を決めるのにも役立つ検査です。
コントラストグレアテスター CGT-1000 Hess赤緑試験 RH-2

コントラストグレアテスター CGT-1000

白黒濃淡を変化させて、微妙な視機能の変化を測定します。感度の低下(コントラスト感度)や光の眩しさ(グレア感度)を調べます。日常生活に即した視力評価方法といえます。

Hess赤緑試験 RH-2

眼球運動の検査です。斜視、眼球運動障害、複視や頭位異常を示す患者様に必要な検査です。麻痺眼、麻痺筋の同定、眼位ずれや眼球運動制限の経過観察にきわめて有用な検査です。

オルソケラトロジー

診療曜日・時間

午前 8:30~12:00

午前は月曜日~土曜日まで診療可能です

午後 14:30~17:00

午後は月曜日・火曜日・水曜日が診療可能です

診療のご案内

アクセス

〒305-0821
茨城県つくば市春日3-18-1

  • 駐車場(45台)
  • つくば中央ICより車で約8分

地図

高田眼科ブログ

眼科医・スタッフ募集

募集職種一覧

メディア

各種メディア掲載情報や、院内広報誌のご紹介

有限会社未来

PAGE TOP