高田眼科では眼瞼下垂・老視治療からオルソケラトロジー、先進医療・自由診療での多焦点眼内レンズによる白内障手術まで幅広く対応しています

白内障手術

手術後の生活について

目の安静と清潔を保つようにしましょう!

  • 指示通りに点眼を1日3回、3ヵ月間使用
  • 目の中に水が入らないようにする(洗顔は3日目から可。洗髪は2週間後から自宅で可)
  • 手術の傷口は縫っていないため、目をぶつけたり、強くこすったり、押したりしない
  • 保護メガネは両眼手術の場合1ヵ月使用。就寝時には1週間あてがねを装着する
  • メガネ処方は1か月待つ方が安定して望ましい
  • 車やバイクの運転の開始は視力検査の結果を診て、医師が判断
  • 診察日でなくても目に異常を感じたら受診して下さい

保護メガネは忘れずに

手術後の生活について

PAGE TOP

合併症

最近の白内障手術は大多数の患者さんにとって視力を回復することができる安全な手術となりましたが、手術後に次のような合併症を起こすことがあります。

手術中の合併症

チン氏帯が断裂している場合や眼内レンズをささえる膜(後嚢)が大きく破嚢した場合は眼内レンズを移植できないこともあります。

手術後早期の合併症

角膜浮腫、虹彩炎、眼圧上昇、水晶体嚢が弱く眼内レンズの固定が十分でない場合は偏位することがあります。

重篤な合併症

細菌感染による眼内炎

後発白内障

後嚢が濁り、視力が低下してくることがあります。この場合は、レーザーを用いて治療します。

PAGE TOP