高田眼科では眼瞼下垂・老視治療からオルソケラトロジー、先進医療・自由診療での多焦点眼内レンズによる白内障手術まで幅広く対応しています

涙道手術

ドライアイ

涙の量が減少し、目の表面が乾くことによって目が疲れたり、目が開きにくい状態がドライアイです。

軽い症状であれば少々疲れを感じる程度ですが、症状が悪化すると角膜までが傷がつき、激しい痛みを感じ炎症が出てきます。残念ながら涙の分泌量を増やす治療・薬は現在ありません。点眼をまめにして経過を観察します。

PAGE TOP

シェーグレン症候群

涙点プラグ

中年の女性に多い病気で、目や口、鼻などの粘膜が乾燥し、関節痛が起きることもあります。涙はほとんど分泌されず、強いドライアイの症状が現れます。

治療
点眼で効果が不十分な場合は、涙の出口である涙点に栓(涙点プラグ)をして、涙の生理的な排出を人為的に遮断する治療を行います。涙点プラグ手術は片眼2~3分です。

治療後の注意点
通常通り洗顔も可能ですが、強くこすったりすると、目に傷がついたり、プラグが取れたりする事もあります。

PAGE TOP

鼻涙管閉塞症

シリコンチューブ挿入後

涙は、目の表面を潤したのち、目頭にある涙点という小さな穴から吸い込まれ、涙小管・涙嚢・鼻涙管を通って鼻腔に排出されます。鼻涙管閉塞症とは先天的または後天的に鼻涙管が細くなり、つまる病気です。涙の排泄が悪くなり目から涙があふれてきます。

定期的に涙道を洗う処置「涙嚢ブジー法」を行います。成人で改善が見られない場合、ヌンチャク型シリコンチューブを留置し閉塞・狭窄部の拡張をする「涙管チューブ挿入術」を行います。15分程度の手術です。数ヵ月留置して涙の通路を確保しながら涙道を洗う処置を引き続き行います。

通院日程

通院日程

※鼻涙管閉塞症を放置すると感染が起こり、メヤニが出ます。さらに進行すると涙嚢部が腫れ上がり涙嚢炎になります。

※赤ちゃんによっては鼻涙管から鼻腔に通じる部分に膜が残ってしまっていることがあります。これが先天性鼻涙管閉塞で、涙が鼻に流れることができないため、目にたまり、外にこぼれます。先天性鼻涙管閉塞症は生後6ヵ月~1歳くらいまでに自然治癒することが多いのですが、症状が改善されない時はプジーという細い針金を目頭に通し、鼻涙管の膜を破ります。生後間もないころから「メヤニが多い」「ふいてもふいても涙がたまる」といった赤ちゃんは一度診察を!

PAGE TOP

手術費用

保険適用になります

涙点プラグ 1割負担片眼 約1,100円
2割負担片眼 約2,200円
3割負担片眼 約3,300円
涙管チューブ挿入術 1割負担片眼 約4,500円
2割負担片眼 約9,000円
3割負担片眼 約13,500円

※H26.4月現在
※別途薬代

PAGE TOP

その他の手術

オルソケラトロジー

診療曜日・時間

午前 8:30~12:00

午前は月曜日~土曜日まで診療可能です

午後 14:30~17:00

午後は月曜日・火曜日・水曜日が診療可能です

診療のご案内

アクセス

〒305-0821
茨城県つくば市春日3-18-1

  • 駐車場(45台)
  • つくば中央ICより車で約8分

地図

高田眼科ブログ

眼科医・スタッフ募集

募集職種一覧

メディア

各種メディア掲載情報や、院内広報誌のご紹介

有限会社未来

PAGE TOP