高田眼科では眼瞼下垂・老視治療からオルソケラトロジー、先進医療・自由診療での多焦点眼内レンズによる白内障手術まで幅広く対応しています

眼瞼手術

眼瞼下垂症とは?

眼瞼下垂症とは、まぶた(眼瞼)が開きにくく、垂れ下がる(下垂する)病気です。原因には加齢、先天性、外傷、目の手術の合併症、ハードコンタクトレンズの長期装用などがあります。

症状

下がったまぶたが瞳孔にかかると、上方の視野が欠けて見辛くなります。

まぶたを開くのに眉毛を上げる筋肉を使ったり顎を突き出して視野の下方で物を見るようになるため、額のシワが増えたり、肩こりや頭痛の原因にもなります。

手術前と手術後の比較

眼瞼下垂症の治療

炭酸ガスレーザーを用いて手術を行います。出血はほとんどなく、麻酔の注射以外は痛みもありません。手術時間は両眼で約30分~1時間前後です。抜糸は術式により異なりますが、手術後約2週間または4週間で行います。

※眼瞼下垂症手術は美容を目的とするものではありません

手術前・手術後

PAGE TOP

眼瞼下垂症手術の流れ

手術の申し込み

・眼瞼下垂症手術は全て日帰りで行っています。
・診察し眼瞼下垂症の手術が適応か医師が診断します。
・眼瞼下垂症の手術は美容を目的とするものではありません。

※患者さんが希望された場合でも適応にならないこともあります。
※眼科以外のご病気で通院中の方は、お薬手帳をご持参ください。

※専門医による手術が受けられます

眼瞼下垂症手術専門医による手術も行っています。難しい症例や再手術の方を担当しています。診察を受けることもできます。(予約制)

↓

手術当日

・指定された時間にご来院ください。
・手術後は眼帯をしますので運転はできません。
・ゆったりとした服装でご来院してください。
・お化粧はしないでください。

↓

手術後

手術後は眼帯をしますが、足元は下のすきまから見えます。まぶたが赤く腫れることがありますので、不凍性の保冷剤で冷やしながらご帰宅いただき、3~4日冷やして下さい。

  • ・万が一出血するようでしたら、濡れたタオルの上から30分程圧迫して下さい
  • ・手術当日は洗顔・入浴はできません。
  • ・鎮痛剤が処方されますので、痛みが気になる場合は我慢せずに服用してください。

足元はガーゼのすきまから見えます

↓

手術翌日

来院後眼帯を外し、創口の消毒と診察を行います。診察して問題が無ければ洗顔・入浴できます。診察後は眼帯はしません。仕事復帰については医師にご相談ください。

前日に処方された点眼薬・塗り薬を開始します。術後は数日間腫れが続きますので3~4日は保冷剤でなるべく冷やしてください。

↓

手術2週間~4週間後

手術2週間~4週間後、抜糸を行います。ソフトコンタクトレンズはこの頃より装用可です。ハードコンタクトレンズは眼瞼下垂を再発するので使用中止です。抜糸後よりお化粧はできますが、アイメイクは1ヶ月後まで控えて下さい。

PAGE TOP

手術費用

保険適用になります

3割負担 両眼 約45,000円

※H26.4月現在
※別途お薬代など
※手術金額は内容により変わります。

70歳以上の方は窓口での支払い限度額が適用されます(ひと月あたり)

1割負担 14,000円
3割負担 57,600円
区分Ⅰ・Ⅱ 8,000円

※H29.8月現在
※別途お薬代など

PAGE TOP

その他の手術

眼瞼内反症・ものもらい・眼瞼腫瘍眼瞼内反症・ものもらい・眼瞼腫瘍

オルソケラトロジー

診療曜日・時間

午前 8:30~12:00

午前は月曜日~土曜日まで診療可能です

午後 14:30~17:00

午後は月曜日・火曜日・水曜日が診療可能です

診療のご案内

アクセス

〒305-0821
茨城県つくば市春日3-18-1

  • 駐車場(45台)
  • つくば中央ICより車で約8分

地図

高田眼科ブログ

眼科医・スタッフ募集

募集職種一覧

メディア

各種メディア掲載情報や、院内広報誌のご紹介

有限会社未来

PAGE TOP