高田眼科では眼瞼下垂・老視治療からオルソケラトロジー、先進医療・自由診療での多焦点眼内レンズによる白内障手術まで幅広く対応しています

眼瞼手術

眼瞼内反症(逆さまつ毛)とは?

まつ毛の並び方が不揃いで、まつ毛の一部が角膜や結膜に当たって刺激になり、傷が付くことで、異物感・涙が出る・視力障害などの症状を起こします。年齢とともにまぶたを支える筋肉が緩むことが原因です。

まつ毛を抜くと一時的に症状は改善しますが、まつ毛が生えるとやはり同じことの繰り返しです。きちんと治すには手術が必要で、炭酸ガスレーザーを用いて下まぶたを外側に向け、まつ毛が目に当たらないようにする手術を行います。局所麻酔下で片眼20分程度です。

眼瞼内反症(逆さまつ毛)

こどもの逆さまつ毛

乳幼児期特有で下まぶたの皮下脂肪が厚いために、まつ毛の生える方向が内向きになる睫毛内反が起こります。成長に伴い皮下脂肪が減り、内反が改善されると自然治癒することもあります。

内反が改善せず、涙目、異物感などの訴えが強い場合、乱視、視力不良がみられる場合は手術適応となります。通糸法(ビーズ法)による手術を行っています。対象年齢は小学生くらいからで、局所麻酔による手術が可能と判断した場合に手術を行います。手術後2~3週間後にビーズを外します。

こどもの逆さまつ毛

通院日程

通院日程

PAGE TOP

ものもらい(霰粒腫)

まぶたには脂や汗の分泌腺や毛穴がありますが、その小さな穴から細菌が入って起こる炎症です。まぶたが赤く腫れ、痛みやかゆみを生じます。

まず、点眼薬や抗生物質の内服で治療を行います。膿(うみ)が大量にたまってしまった場合や、しこりが残ってしまった場合は切開手術をすることもあります。(切開予約制)

ものもらい(霰粒腫)

PAGE TOP

眼瞼腫瘍

まぶたにできる腫瘍で良性と悪性があります。間違われやすいものに母斑(ほくろ)や霰粒腫(慢性の炎症性腫脹)があります。

発生頻度は、良性のものが高いですが、急に大きくなった時、出血や潰瘍を伴う時は悪性腫瘍の可能性もあり、中高年の方に起こる場合は注意が必要です。

炭酸ガスレーザーを照射し、腫瘍を切除します。局所麻酔下で片眼20分程度の手術です。

眼瞼腫瘍

通院日程

通院日程

PAGE TOP

手術費用

保険適用になります

眼瞼内反症 1割負担 片眼 約2,500円
2割負担 片眼 約5,000円
3割負担 片眼 約7,500円
こどもの
逆さまつ毛
- -
3割負担 片眼 約6,000円
ものもらい(霰粒腫) 1割負担 片眼 約1,000円
2割負担 片眼 約2,000円
3割負担 片眼 約3,000円
眼瞼腫瘍 1割負担 片眼 約7,000円
2割負担 片眼 約14,000円
3割負担 片眼 約21,000円

※H26.4月現在
※別途薬代

PAGE TOP

その他の手術

眼瞼手術(眼瞼下垂眼瞼下垂症

PAGE TOP