高田眼科では眼瞼下垂・老視治療からオルソケラトロジー、先進医療・自由診療での多焦点眼内レンズによる白内障手術まで幅広く対応しています

硝子体手術

硝子体とは…

硝子体とは、左の図のように眼球内の大部分を占めている透明なゼリー状組織です。

眼球の形態を保つ働き

光の道筋としての働きがあります。

硝子体

硝子体手術とは?

硝子体手術とは、簡単にいえば硝子体を取り除く手術です。硝子体の濁りや出血そのものを除去する目的で行うこともありますが、その奥にある網膜や視神経などを治療するために硝子体を除去することもあります。

当院では、25G広角観察システムでの最新硝子体手術を行っています。このことにより、非常に侵襲の少ない手術を安全に行い、結果、日帰り手術が可能になりました。手術は痛くありません。

対象疾患

硝子体出血糖尿病網膜症黄斑前膜黄斑円孔網膜剥離網膜静脈閉塞症など

PAGE TOP

手術の方法

手術は、局所麻酔で行い、眼内に器具を入れるための0.5ミリほど(25G)の小さい穴を3つ開けます。
以下、1から4の手技を疾患や病状に応じて組み合わせて手術をします。

硝子体を切除して透明な水に置き換えます。

硝子体の奥の網膜に生じた悪い増殖組織を取り除きます。

網膜の病変にレーザーをあてます。

最後に透明な水・気体・オイルに置き換えます。

PAGE TOP

硝子体手術の流れ・注意事項

  • 手術の前には、内科主治医にお問合せします。お薬手帳などお持ちください。
  • 手術日までの流れ、手術後の注意点などは白内障手術に準じます。
  • 硝子体手術と同時に白内障手術が必要な方は、白内障術前検査を行います。
  • 手術時間は、大概は30分~1時間くらいですが、2時間に及ぶこともあります。
  • 眼内に気体を注入して終わった場合は、数日間うつむき姿勢をとることがあります。
  • 術後の視力は、手術前の病気の状態によって大きな差があります。手術が必要となったら、視力の回復のために、時機を逃さず、なるべく早い段階で手術を受けることが大切です。
  • 手術内容や術後視力は、病気・病期によって本当にさまざまなので、手術を受けられる患者さんは、担当医の説明をよくお聞きください。

術後のうつむき姿勢について

手術終了時に硝子体内に気体を注入した場合、術後にうつ伏せ姿勢をとっていただきます。黄斑円孔の方は必須です。

術後のうつむき姿勢について

術中・術後合併症

硝子体手術は、眼科手術の中で最も難易度の高い手術です。当院では、最新の医療設備を整え、硝子体手術に熟練した術者が手術に当たっております。しかしながら、硝子体疾患は重篤な場合も多く、術中・術後の合併症も予期せぬことが起こりえます。可能性は低いながらも以下のような合併症が考えられます。

比較的頻度の高い合併症
低眼圧・網脈絡膜剥離・高眼圧・術後再出血・白内障網膜剥離・術後眼内炎など

PAGE TOP

手術費用

術式 1割負担 2割負担 3割負担
硝子体茎顕微鏡下
      離断術
網膜付着組織を
    含むもの
約43,000円 約86,000円 約130,000円
白内障同時手術
     の場合
約50,000円 約100,000円 約150,000円
その他のもの 約33,000円 約66,000円 約100,000円
増殖性硝子体
   網膜症手術
約58,000円 約116,000円 約175,000円

※H26.4月現在

70歳以上の方は窓口での支払い限度額が適用されます(ひと月あたり)

1割負担 14,000円
3割負担 57,600円
区分Ⅰ・Ⅱ 8,000円

※H29.8月現在
※別途お薬代・保護メガネ代

PAGE TOP

その他の手術

オルソケラトロジー

診療曜日・時間

午前 8:30~12:00

午前は月曜日~土曜日まで診療可能です

午後 14:30~17:00

午後は月曜日・火曜日・水曜日が診療可能です

診療のご案内

アクセス

〒305-0821
茨城県つくば市春日3-18-1

  • 駐車場(45台)
  • つくば中央ICより車で約8分

地図

高田眼科ブログ

眼科医・スタッフ募集

募集職種一覧

メディア

各種メディア掲載情報や、院内広報誌のご紹介

有限会社未来

PAGE TOP