高田眼科では眼瞼下垂・老視治療からオルソケラトロジー、先進医療・自由診療での多焦点眼内レンズによる白内障手術まで幅広く対応しています

診療のご案内

オルソケラトロジーとは手術の要らない一時的な近視矯正プログラムです。

夜間、睡眠中にハードコンタクトレンズを装用し、一時的に近視を矯正する治療プログラムです。角膜の形を平坦化することで、昼間は近視を矯正した状態を維持し、コンタクトレンズやメガネを装用せずに裸眼で快適に生活することが可能です。

アメリカでは1940年代に開発が始まり、1990年代後半にFDA(米国食品医薬品局)の承認を受けました。 また、日本でも2009年に厚生労働省に承認されました。

オルソケラトロジーイメージ01

オルソケラトロジーのしくみ

オルソケラトロジーイメージ02

近視の場合、光が網膜より手前で焦点を結ぶため、像がぼやけて見えます。

特殊なカーブを持つレンズで角膜をくせづけて、正常な屈折になります。

レンズをはずしても一定時間角膜形状が維持されるため、昼間は裸眼視力が改善します。

メリット
  • ・-1.00D~-4.00Dの近視に有効な治療です。
  • ・日中は眼鏡やコンタクトレンズを使用せずに裸眼で生活ができます。
  • ・手術とは違い、角膜に傷をつくりません。
  • ・裸眼でスポーツを楽しめます。
  • ・日中用コンタクトと違い、装用時間は約半分になります。
デメリット
  • ・近視の度数の強い方や乱視の強い方は矯正効果が出にくいことがあります。
  • ・レンズの装用を中止すると、少しずつ角膜形状が元に戻るため視力も元に戻ってしまいます。
  • ・安定した視力が得られるまでには時間がかかることもあります。
不向きな方
  • ・定期検診に通院できない方や適切に使用できない方。
  • ・レーシック手術をされた方。
  • ・職業として常時適正な視力が必要で、視力の変調があった際に職業の休止が困難な方。

特殊なハードレンズ

当院では、2012年に厚生労働省から承認された東レ「ブレスオーコレクト®」を使用しています。デザインから製造まで国内で行っております。

特長

  • ・日本人の角膜形状に合わせて開発
  • ・高水準の酸素透過率
  • ・柔らかく破損しにくい素材
オルソケラトロジーイメージ01

オルソケラトロジーイメージ02

※ゆがみの原因となりますので、
レンズは折り曲げないで下さい。

通院スケジュール

適応診断

矢印01

装用開始日(お試しレンズ)

矢印02

1~2週間後に検診 注文

矢印03

ご購入レンズお渡し日

矢印04

装用開始1週間後検診

矢印05

1ヶ月後検診

矢印06

3ヶ月後検診

矢印07

3ヶ月毎に定期検診

費用

  両眼 片眼
オルソケラトロジー 140,000円 70,000円

※1~2週間、ご自宅でお試しできます(費用負担あり)

  • オルソケラトロジーレンズによる近視矯正プログラムは保険適用外となり、すべて自由診療になります。
  • オルソケラトロジーの治療に係る費用は医療費控除の対象です。
  • 上記にはご購入いただいてから3ヶ月間の定期検診の費用が含まれます。
  • 消費税とケア用品代が別途かかります。
  • 治療をご希望の方はお電話にてご予約をお願いします。

診療曜日・時間

午前 8:30~12:00

午前は月曜日~土曜日まで診療可能です

午後 14:30~17:00

午後は月曜日・火曜日・水曜日が診療可能です

診療のご案内

アクセス

〒305-0821
茨城県つくば市春日3-18-1

  • 駐車場(45台)
  • つくば中央ICより車で約8分

地図

高田眼科ブログ

眼科医・スタッフ募集

募集職種一覧

メディア

各種メディア掲載情報や、院内広報誌のご紹介

有限会社未来