高田眼科では眼瞼下垂・老視治療からオルソケラトロジー、先進医療・自由診療での多焦点眼内レンズによる白内障手術まで幅広く対応しています

加齢黄斑変性症

黄斑とは?

[正常な眼底]黄斑部の中心を中心窩といい、くぼんだ形が正常の形です。

網膜の中心部の名称で、黄斑は視力を決める一番大切なところです。この黄斑部に様々な病気が生じると視力低下の原因となります。

通常の眼底検査の他、蛍光眼底造影検査などの検査方法がありますが、特にOCT(光干渉断層計)が有用です。

黄斑の病気には、加齢黄斑変性症等の治りにくい病気も多いですが、黄斑円孔黄斑前膜のように手術で治せる病気もあります。

PAGE TOP

加齢黄斑変性症

加齢により網膜の中心部である黄斑に障害が生じ、見ようとするところが見えにくくなる病気です。物がゆがんで見え、視力低下が徐々に進行します。レーザー治療や注射による薬物治療(ルセンティス治療)を行います。60歳以上の方がほとんどで男性に多い病気です。年のせいと見過ごし治療が遅れる方も多くいます。病型によっては急速に視力が低下してしまいます。

症状

視力低下、変視症、中心暗点、コントラスト感度低下

症状

視力低下/見たい部分がぼやけて見えます。

変視症/見たい部分がゆがんで見えます。

中心暗点/見たい部分が黒くなって見えます

コントラスト感度低下/見たい部分が不鮮明に見えます。

PAGE TOP

ルセンティス治療(保険診療)

ルセンティスは、加齢黄斑変性症の治療薬で、脈絡膜新生血管の成長を活発化させる体の中のVGEF(血管内皮増殖因子)という物質の働きを抑える薬です。薬を眼の中に注射することで、加齢黄斑変性症の原因である新生血管の増殖や成長を抑えることが可能です。

治療内容

月1回ルセンティスを白目の部分から眼の中心の硝子体内に注射します。これをまず3ヶ月間繰り返します。その後は、診察や検査結果で再度注射をすることもあります。

検査は必要に応じて月1回、視力検査と眼底検査、光干渉断層撮影等を行います。

治療前後の注意点

  • 治療前後3日間は、1日4回、抗生物質の点眼をします。
  • 治療後3日間 洗髪・洗顔ができません。(当日、お化粧はしないで下さい)
  • 当日は眼帯し、ご帰宅していただきます。
  • 当日・翌日はお車・バイクの運転はできません。
  • 翌日に当院で眼帯を外し、消毒・眼底検査などを行います。

※治療翌日の診察後より、抗生物質の点眼を再開して下さい。
※高額療養費の対象になる場合があります。ご加入されている保険者へお問い合わせ下さい。

治療後1週間は感染の恐れがあるので、以下の症状がある場合は直ちに受診して下さい。

  • 眼の痛みや不快感
  • 充血の悪化、めやに
  • 光に対する過敏症
  • 飛蚊症(目の前を浮遊物が飛んでいるように見える)
  • 視力の低下を感じる

副作用

  • 眼圧の上昇
  • 強い炎症(眼内炎)等

生活上の注意

喫煙が黄斑変性症の危険因子であることがわかっています。できるだけ早めに禁煙して下さい。

費用

3割負担 55,420円(1回あたり)

※H25.1月現在

70歳以上の方は窓口での支払い限度額が適用されます(ひと月あたり)

1割負担 14,000円
3割負担 57,600円
区分Ⅰ・Ⅱ 8,000円

※H29.8月現在

レーザー手術

PAGE TOP

その他の病気

PAGE TOP