高田眼科では眼瞼下垂・老視治療からオルソケラトロジー、先進医療・自由診療での多焦点眼内レンズによる白内障手術まで幅広く対応しています

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症とは?

糖尿病の3大合併症のひとつで、我が国では成人の失明原因の第一位です。血糖が高い状態が続くと、網膜の細い血管は損傷を受け、変形したり詰まったりします。それを補うために新しい血管(新生血管)を生やしますが、容易に出血を起こし、網膜剥離を起こすことがあります。かなり進行するまで自覚症状に乏しく、視力低下を感じた時には手遅れの場合もあります。治療は、レーザー光凝固硝子体手術を行います。

糖尿病網膜症

PAGE TOP

糖尿病網膜症の分類(進行過程による分類)

単純糖尿病網膜症

自覚症状はなく、毛細血管が傷害され、小さな点状出血、やや大きめの斑状出血がみられます。

前増殖糖尿病網膜症

ほとんど自覚症状はなく、血管に脂肪が沈着し酸素不足を起こし、むくみがでます。硬性白斑や軟性白斑がみられます。血管が詰まり酸素が欠乏すると壊死に至ってしまいますが、生き延びようとするために新生血管が生えはじめます。

増殖糖尿病網膜症

症状は、視力低下、時に失明に至る場合もあります。急速に新生血管を増やしていきます。新生血管は正常な血管と異なり弱いため、血液中のタンパクやフィブリンが漏出します。やがては、硝子体出血、増殖膜、網膜剥離と重症段階へ進行していきます。

硝子体手術
レーザー手術

PAGE TOP

その他の病気

PAGE TOP