高田眼科では眼瞼下垂・老視治療からオルソケラトロジー、先進医療・自由診療での多焦点眼内レンズによる白内障手術まで幅広く対応しています

緑内障

緑内障

40歳以上の17人に1人がかかる身近な病気です。見えない場所が出現したり、見える範囲が狭くなったりする病気です。一度失ってしまった視野や視力を治療によって取り戻すことはできません。 初期の段階ではほとんど自覚症状がありません。症状が現れたときは、既に視野障害や視力低下が進行してしまっています。

点眼薬を用いて治療を行います。緑内障の治療は、あくまでも進行を遅らせるものです。緑内障のタイプによってはレーザー治療(虹彩切開術)や緑内障手術または白内障手術を行います。

視野の変化

視野の変化

原因

高眼圧、緑内障の家族歴、加齢、近視、遺伝子、薄い角膜、免疫、心臓循環器系疾患や糖尿病の既往などが挙げられます。

PAGE TOP

緑内障治療目的の白内障手術

緑内障に白内障手術が有効

緑内障には様々なタイプがありますが、その中でも原発閉塞隅角緑内障には、水晶体摘出目的で白内障手術が有効です。原発閉塞隅角緑内障は目の中を循環している水(房水)の出口(隅角)が狭く、年齢とともに水晶体が膨らんでさらに水の流れが悪くなり、緑内障になります。放置しておくと、急激な眼痛・頭痛・視力低下といった急性発作を起こすことがあります。

また、緩徐に眼圧上昇を示す慢性型もあります。これらのタイプの目に白内障手術をすると、膨らんだ水晶体の代わりに平たい眼内レンズを挿入するので、水の流れが良くなって眼圧が下がり、緑内障の進行が止められます。

緑内障治療目的の白内障手術の場合、白内障自体が軽度であれば視力はよいことがあり、また、白内障の手術そのものは通常の目より難しいことが多いという特徴があります。しかし、一度急性発作を起こした目の視力回復は容易ではありませんし、慢性型で失った視野はあとから白内障手術をしても取り戻せません。当院ではこのような方たちへも白内障手術をお勧めしています。

白内障手術
レーザー手術

PAGE TOP

その他の病気

PAGE TOP