高田眼科では眼瞼下垂・老視治療からオルソケラトロジー、先進医療・自由診療での多焦点眼内レンズによる白内障手術まで幅広く対応しています

水晶体・眼内レンズ亜脱臼

水晶体亜脱臼

顔面への打撲など眼球に強い力が加わりチン氏帯が切断されると、水晶体が前房内または硝子体内に脱臼します。程度により亜脱臼と完全脱臼に分けられます。視力障害を起こし、続発緑内障の危険があります。治療として、水晶体摘出のため硝子体手術を行います。

水晶体

※チン氏帯とは毛様体と水晶体の間を結び水晶体を支えるはたらきをしています。また,毛様体の節肉と協力して,遠くや近くを見るときに水晶体の厚さを変えるはたらき(調節作用)をしています。

硝子体手術

PAGE TOP

眼内レンズ亜脱臼

硝子体

白内障手術時に挿入した眼内レンズが部分的に接着しているが大部分が脱落した状態。また、眼内レンズが水晶体嚢内で瞳孔の中心からずれた状態を眼内レンズ偏位と言います。

原因
・手術中の水晶体嚢の破損やチン氏帯断裂によるレンズの固定不良
・水晶体を支えるチン氏帯が弱い
・外傷の既往
・硝子体手術の既往

手術中・手術後に問題がなかったにもかかわらず、嚢内に固定したままで眼内レンズが偏位・脱臼することも稀にあります。

治療方法は2つあります。
・眼内レンズを摘出して新たに眼内レンズを挿入し、縫着する
・眼内レンズを摘出せずそのまま眼内レンズを縫着する

PAGE TOP

その他の病気

PAGE TOP