高田眼科では眼瞼下垂・老視治療からオルソケラトロジー、先進医療・自由診療での多焦点眼内レンズによる白内障手術まで幅広く対応しています

硝子体出血

硝子体出血とは?

硝子体

網膜の血管が破れ、硝子体が血液で濁ることにより、光が遮られ見えにくくなる病気です。初期には突然黒い影や虫が飛んで見えるようになり、進行すると視力低下を起こします。

原因には、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、網膜裂孔、網膜剥離、加齢黄斑変性症などがあります。飲み薬を飲んでも吸収しない場合には硝子体手術が必要になります。

硝子体手術

PAGE TOP

その他の病気

PAGE TOP