高田眼科では眼瞼下垂・老視治療からオルソケラトロジー、先進医療・自由診療での多焦点眼内レンズによる白内障手術まで幅広く対応しています

網膜静脈閉塞症

網膜静脈閉塞症

動脈硬化、高血圧、糖尿病などによって網膜の静脈血管が詰まって血液が流れなくなる病気です。静脈が詰まると、そこまで流れてきた血液の行く手が阻まれ、血液があふれ出します。

網膜静脈閉塞症は、静脈閉塞が起きた場所により、病状は異なります。静脈の根元が閉塞した場合を「網膜中心静脈閉塞症」と呼び、静脈の枝の部分が閉塞した場合を「網膜静脈分枝閉塞症」と呼びます。

網膜中心静脈閉塞症(CRVO)

網膜中心静脈閉塞症の眼底写真

本管である「中心静脈」が詰まってしまうと、眼球内のすべての静脈血が外に出られなくなります。そのため、一瞬にして、網膜全体に眼底出血をおこし、むくんできます。

眼底出血やむくみは、たいてい視力にとってたいせつな「黄斑部」におよび、急激に視力が低下していきます。内服による薬物治療、レーザー手術硝子体手術などを行います。

網膜静脈分枝閉塞症(BRVO)

網膜静脈分枝閉塞症の眼底写真

眼底には閉塞部から扇形に広がる網膜出血が認められます。出血が広がっている部分の視野は欠けてしまいます。視力が低下したり、物が歪んで見えたりします。

視力低下は様々ですが、網膜中心静脈閉塞症よりは軽度です。内服による薬物治療、注射による薬物治療、レーザー手術硝子体手術などを行います。

硝子体手術
レーザー手術

PAGE TOP

その他の病気

PAGE TOP